Skip to content

イケアの家具で収納を綺麗に見せる方法

一般的に収納の様子は見苦しくなりがちですが、イケアの家具を上手く使うと外観を綺麗に見せる事もできます。

整理整頓された清潔感のある収納は、それ自体が綺麗なインテリアの一部にする事も可能です。

良い収納は見た目が綺麗なだけでなく機能的で使いやすくなりますので、日常生活を快適に過ごしやすくなるポイントの1つにもなります。実際の収納を綺麗に見せるコツは、物をしっかり分別する事です。

例えば、嵩張りがちな食料品のパッケージと小さな袋に小分けされたお菓子を混ぜた状態で置くと、同じ食べ物でも散らかった印象を与えてしまいます。しかし、2つを別々に分けてまとめて入れると、整然とした陳列が可能です。

イケアの家具は整理整頓のコツである陳列を上手にできる物が多くあるので、これを上手く利用すると見せる収納を作りやすくなります。例えば、シェルフに物を置く場合は棚の高さを変えたり、収納用の部品を取り付けられたりする拡張性のあるシェルフを選ぶと良いでしょう。

下の方には取り出す機会の少ない買い置きや貯蔵品等を置いておき、手に取りやすい位置には普段使いの食器や食料品を置いておくといった使い分けができます。

日用品と保存品、小さな物と大きな物といった区別毎に棚を使い分けると、陳列をより綺麗に作れます。

イケアの家具はカラーリングやデザインがシンプルな物が多く、収納する品物のパッケージが派手でも見た目が綺麗になりやすいのが特徴です。部屋の広さやデザインに応じて選び、上手に活用しましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です