Skip to content

世界で愛され続けるイケア

今や日本でもおなじみの北欧家具。書店のインテリアコーナーに行くと「北欧インテリア」や「北欧雑貨」の本や雑誌がたくさん並んでいます。

そして北欧オンテリアの代表といえばやはりイケアです。日本のメディアでも頻繁に取り上げられ、多くの芸能人も愛用しているブランドの一つです。イケアグループは世界25カ国に270以上の店舗を所有し、フランチャイズ契約者が所有・運営している店舗を合わせると実に300店舗以上あります。

その中で日本には現在9店舗のイケアストアがあります。実店舗のみならずオンラインストアでの購入も可能です。なぜイケアはこれほどまでに世界中で愛され続けるのか。その秘密は北欧で暮らす人々の生活スタイルと深く関わりがあります。

北欧デザインは主にスウェーデンやデンマーク、フィンランドといったヨーロッパの北にある寒い地方の文化から生まれました。夏でも朝晩は寒く冬場は日照時間も短く気温はマイナスまで下がります。そんな寒い冬を室内で過ごす時間が長い人々は少しでも家の中の居心地を良くしたいと、シンプルだけどポップで明るいそして温かみのあるデザインを工夫しました。

それが北欧家具の原点でそのデザインと実用性の良さが愛され世界の文化に浸透しつつあります。その中でもイケアの商品は低価格だけどおしゃれで飽きないなデザイン。長年愛用できる質のよい商品。豊富な品数。アフターサービスの良さという様々なところが世界中で評価され根強い人気を保ち続けています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *